Author Page

常設展・明治150年記念「水戸徳川家の名宝展」

  • Published in 展示

水戸徳川家の歴史・文化、水戸藩のあゆみや学問を紹介します。 「感じ・学べる」展覧会です。 ※会期中順次作品の展示替を行います。 徳川ミュージアムでは企画展を除く全館でフラッシュなしの写真撮影が解禁となりました。 「刀 燭台切光忠」も再びミュージアムに帰って展示されます。 「燭台切光忠」の撮影も可能となります。 ぜひ、燭台切光忠と一緒に記念撮影してください! ※フラッシュ撮影や三脚での撮影は遠慮ください。…

もっと読む...

企画展「刀剣プロジェクト成果展Ⅱ」

  • Published in 展示

ごあいさつ 公益財団法人徳川ミュージアムは2017年2月に設立50周年を迎えました。関東大震災で被災した水戸徳川家伝来の宝刀「太刀児手柏」と「刀燭台切光忠」を現代の名匠が新たに制作する刀剣プロジェクト、その成果をご紹介する「刀剣プロジェクト成果報告展Ⅱ」を開催いたします。 本展では水戸德川家が守り伝えてきた刀剣を一堂に展示します。    …

もっと読む...

企画展「刀剣プロジェクト成果展Ⅰ―鼓動―」

ごあいさつ 公益財団法人徳川ミュージアムは2017年2月に設立50周年を迎えました。関東大震災で被災した水戸徳川家伝来の宝刀「太刀児手柏」と「刀燭台切光忠」を現代の名匠が新たに制作する刀剣プロジェクト、その成果をご紹介する「刀剣プロジェクト成果報告展Ⅰ―鼓動―」を開催いたします。 2016年5月、刀匠 月山貞利氏により徳川家康が天下分け目の関ヶ原の戦いに佩刀した名物「児手柏」の写しが遂に完成しました。 これを記念し、本展では水戸德川家が守り伝えてきた刀剣と、戦国の覇者徳川家康の武具を一堂に展示し…

もっと読む...

企画展「黄門さまのひみつ」

ごあいさつ 公益財団法人徳川ミュージアムは2017年2月に設立50周年を迎えました。水戸黄門として親しまれている光圀をテーマに「黄門さまのひみつ」展を開催いたします。光圀は江戸時代から講談や演劇、テレビドラマなどの主人公として取り上げられてきましたが、知っているようで知らない黄門さまのひみつを解き明かします。 夏休み企画として、葵の御紋の「印籠」をはじめとする館蔵品の展示で楽しく学べる展覧会です。近年の研究で明らかとなったことがらもご紹介します。…

もっと読む...

企画展「近代の幕をひらいた人々Ⅱ」

ごあいさつ 公益財団法人徳川ミュージアムは2017年2月に設立50周年を迎えました。50周年記念展の第2部として「近代の幕をひらいた人々Ⅱ」を開催いたします。 平成30年(2018)は、明治元年(1868)から起算して満150年となることから「明治150年」と題し、明治の精神に学び、明治からの歩みを次世代に遺す取組みが全国で行われます。 本展では「明治150年」に先立ち、我が国の近代化をテーマにその時代を生きた人々とその活躍をご紹介します。…

もっと読む...

企画展「水戸徳川家はじまりの物語」

ごあいさつ 公益財団法人徳川ミュージアムは2017年2月に設立50周年を迎えました。50周年記念展の第2部として「水戸徳川家はじまりの物語」を開催いたします。 慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康は天下の覇者となりました。元和2年(1616)に駿府城(現在の静岡県)で薨じたのち、遺された財団は尾張、紀伊、水戸の各家祖となる3人の息子に分け与えられました。 本展では家康、2代将軍 秀忠、3代将軍 家光、水戸徳川家歴代当主の遺愛の品々を展示、その時代をご紹介します。…

もっと読む...

2017年(平成29年)度文化財修復助成事業について

2017年(平成29年)度文化財修復助成事業について 2017年3月10日より 2017年(平成29年)度文化財修復助成事業募集要項を公開します。 募集期間は3月10日~4月30日です。 申請をご希望される場合には事前に事務局にお問い合わせください。募集要項公開後、メールにて要項をお送りいたします。 お問合せ 公益財団法人徳川ミュージアム 事務局  TEL:03-3704-5188…

もっと読む...

Log In

Create an account