文化財を守る

国指定史跡及び名勝 西山御殿保存整備事業について

「西山御殿」と呼ばれた建物は35万石藩主隠棲の地としての風格と、華美を嫌った光圀公の信条の融和を垣間見ることのできる仙境であり、庭園も含めて、後世へ伝えるため、史跡の保存整備事業を進めてきました。

また東日本大震災で御殿・守護宅の損壊や守護宅裏山の崩落など大きな被害を受けました。災害復旧事業を行いました。

2013年度(平成25年度)茨城県指定史跡西山荘災害復旧事業記録

2012年度(平成24年度)茨城県指定史跡西山荘災害復旧事業記録

Log In

Create an account